らっく整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > 脂質異常症(悪玉、善玉コレステロール)

脂質異常症(悪玉、善玉コレステロール)

2019.07.24

 

こんにちは!田中です!(๑•̀•́)و

この前、患者様から「悪玉コレステロールが多いんやけど、どんなもの食べたら良いんかな?」と聞かれました。

その事についての事は需要があるんだなあと感じ、ブログを書こうと思いました。

なので、今日は血液の事について書いていきます。

その中でも脂質異常症

悪玉コレステロール善玉コレステロールなどについて書いていきます。

脂質異常症について書いていきます。※『脂質異常症』は以前では「高脂血症」という名前でしたが善玉コレステロールは高値の方が望ましいということで名前が変わっています。

 

血液の中のコレステロールの値が異常であっても自覚症状がない事が多いですが、放っておくと血管の内壁にコレステロールが付きまして、動脈硬化が進行してしまいます。

そうなると、脳梗塞や心筋梗塞などの命にも関わるような病気にかかるリスクが高まります。

 

運動、食生活の改善、薬が効果的です。

 

治療としては、
減量、運動、飽和脂肪酸の少ない食事、脂質低下薬などが効果的です。

自身が体重が過多なら減量すること、喫煙者ならタバコをやめること、コレステロールや飽和脂肪酸の摂取量を減らす、そして運動量を増やすこと。

 

コレステロールが少ない食事をすると、LDLコレステロールの値を下げる効果があります。

 

脂肪には種類があり、
飽和脂肪酸という脂肪は他の脂肪よりコレステロールの値を上昇させます。

飽和脂肪酸は卵の黄身、お肉、全脂肪乳製品などに多く含まれています。

 

果物や野菜は脂肪が少なくてコレステロールが含まれていないので食事で取ることをオススメされています。

腸でコレステロールと結ばれることによりコレステロールの値を下げる食べ物があります。

それは豆類、大麦、かんきつ類、リンゴなどがあります。

 

なので、悪玉コレステロールを減らしたい場合は、肉や卵の黄身はなるべく食べないように避けて、果物や野菜、特に豆類かんきつ類を食べるようにすると食事の面では悪玉コレステロールが減らせるということになります。

 

現在、体重過多だという方は減量。

そして、運動することも効果的です。

今日は脂質異常症について書いていきました(^o^)

他にも、お身体のことについて気になる事がございましたららっく整体整骨院までご連絡下さい(๑•̀•́)و

Google検索では

堺市 北区 整骨院

上記をクリックしていただければお問い合わせや当院への道のりの確認に便利です。

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722593222

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒591-8043
大阪府堺市北区北長尾町3-5-3
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
JR堺市駅から徒歩3分。堺市駅商店街の中の、たこ焼き屋「ごるふ」の向い、喫茶店「さらさ」の隣にあります。

0722593222

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
膝の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
マッサージ
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
スタッフニュース
ブログ&お役立ち情報
姿勢矯正ブログ
筋肉と関節の専門家によるアドバイス
鍼灸の達人ブログ
WEB限定メニュー
店舗設備
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

らっく整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒591-8043
    大阪府堺市北区北長尾町3-5-3

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    JR堺市駅から徒歩3分。堺市駅商店街の中の、たこ焼き屋「ごるふ」の向い、喫茶店「さらさ」の隣にあります。

pagetop