らっく整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > 夏といえば

夏といえば

2019.08.06

こんにちは!

らっくのスタッフの田中秀臣がブログを担当させていただきます!

 

今日も暑いですねー。

暑さに負けないようにって言いますけど、
本日の最高気温が36度、、

この頃、熱中症で倒れて病院に運ばれるなんていうニュースが多くなってきました。

晩になって、熱中症の症状が後から遅れて晩に熱中症の症状が出て倒れたなんてニュースもしてました。危ないですよね。

いかがお過ごしでしょうか?

熱中症対策はされていらっしゃいますでしょうか?

 

涼しい日陰になるべく居てくださいね。

涼しいところに居れなくても、水分をこまめに取ることは大事です。

喉が乾いてなくても30分〜1時間おきには水分を取ってください。

 

後は前回、熱中症について書いていますのでそこはこの記事の6つあとにありますので良ければ重ねてご覧ください。

 

熱中症水分との関係性は大切です。

 

身体の中の水分は毛穴からの蒸発、排尿、排便によって外に出ていきます。

そのときにだけ補給してしまうと身体のバランスが崩れてしまいます。

 

それは身体の中の水分は0.9%の食塩水と同じ浸透圧の血液が循環しています。

 

しかし、

汗で身体の中の塩分が出てしまうと身体の血液の濃さが薄くなってしまいます。

 

なので、

水分だけ取ると血液の濃さのバランスが崩れます。

そうすると、なんと、水を欲しがらないようになってしまいます。

 

これ以上体内の血液の濃度を下げたくないので水を欲しがらないようになります。

 

血液の濃さのバランスが崩れていると、いつもなら水分を欲している身体の状態でも身体は水分を欲すことをしなくなってしまいます。

 

塩分を取って血液のバランスを保って水分を補給することが望ましいということになります。

 

それは脱水症状にも繋がることがあります。

 

脱水症状では体内の水分が3%減っている状態です。

それに比べて前脱水という状態があります。

脱水症状の前に現れるモノです。

身体が重いようなダルいような症状が現れましたら水分を取りましょう。

そして特に注意が必要なものとして
高齢者の脱水症状があります。

ひとりで暮らしてはる方、特にエアコンを使わない方は知らず知らずの内に知らず知らずの内に室温が上がっている場合があります。

それに気付かないでずっといると熱中症脱水症状といったモノになる場合があります。

 

空調による室温調節と決まった時間に水分補給を行うことが大切です。

 

今日は熱中症脱水症状の事について書いていきました。

1つしかないお身体なので、なにか気になることがありましたらご連絡下さい。

 

Google検索では

堺市 北区 整骨院

上記をクリックしていただければお問い合わせや当院への道のりの確認に便利です。

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722593222

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒591-8043
大阪府堺市北区北長尾町3-5-3
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
JR堺市駅から徒歩3分。堺市駅商店街の中の、たこ焼き屋「ごるふ」の向い、喫茶店「さらさ」の隣にあります。

0722593222

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
膝の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
マッサージ
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
スタッフニュース
ブログ&お役立ち情報
姿勢矯正ブログ
筋肉と関節の専門家によるアドバイス
鍼灸の達人ブログ
WEB限定メニュー
店舗設備
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

らっく整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒591-8043
    大阪府堺市北区北長尾町3-5-3

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    JR堺市駅から徒歩3分。堺市駅商店街の中の、たこ焼き屋「ごるふ」の向い、喫茶店「さらさ」の隣にあります。

pagetop